活動概要

東日本大震災を機に石巻市釜・大街道地区を中心に在宅被災者への支援活動を行っています。

津波被害により被災し解体を余儀なくされた公民館が多数あり、町内会やこども育成会や個人の住民は、各家庭を持ち回りで会議や打ち合わせを行っいた状況が続き、コミュニティスペースの必要性を感じました。

仮設住宅と違い集まる場所もなく在宅の場合は非効率的な情報を周知させる新聞も無いなかでは場所が情報が集う場所が必要でした。一つの場所に人が集うことで様々な情報と人とが出会う『街の駅』を作りました。

そこで震災直後を知る我々がコミュニティスペースを設置して、場所を提供し役立てていただき情報を集約する
ことで、このコミュニティスペースが中心になるように魅力的な場所をつくる
復興までの道のりは長いのでそんな街づくりの手法を取っていくことが人の心の復興につながり
最終的には街の復興につながることだと信じて活動を続けています。

 

BIG UP石巻の設立

被災地の早期回復を支援するため石巻市災害ボランティアセンターの設立された石巻専修大学に集まった個人ボランティアを取りまとめ緊急災害支援チーム『アモール石巻』設立。

 

担当エリアである石巻市大街道地区にて復旧ニーズに対応した被災者支援活動を平成23年3月より約1年間実施してきました。

 

主な活動は、被災世帯の清掃及び泥出し、ボランティアセンターの運営協力、ボランティアバス活動のコーディネート、救援物資の調整、被災者の生活相談などを実施

 

平成24年4月 『BIG UP石巻』を設立

在宅被災者の支援活動を開始

地域との交流を図り祭り事や行事に積極的に企画や参加し

被災者を長期的に見守ることにより地域活性やメンタルケアを行ってきました。

 

平成24年10月一般社団法人の法人格を取得

 

平成24年8月 街の駅 たんぽぽの家を開所

 

平成25年3月 街の駅 コスモスの家を開所

石巻市地域づくりコーディネート事業に採択され

コスモスの家に訪れる子ども達の存在がきっかけとなり

地域と子ども達への支援活動を中心に活動を展開

 

 

平成28年4月 コスモス子ども食堂を開始

毎月第3金曜日の夜に子ども達を招き一緒に夜ご飯を共にします

この事業がきっかけで保護者の方との距離感がとても近くなり

個々の家庭環境などやニーズを把握することが出来やすくなりました。

 

平成29年10月 コスモスの家を閉所

施設の敷地が復興事業計画の防潮堤道路の予定地となり

借用していた施設の用地を立ち退きたくさんの方に惜しまれつつ解体

子ども食堂事業は近隣の公民館へ移動して継続中

 

現在は毎年起こる災害支援活動、県外での石巻物産展事業

子ども食堂事業、子ども職業体験事業、町内会の側面支援など

石巻復興の日が訪れるまで継続していく予定です。